2019年12月27日

ちゃんと描いてみなきゃわからない

2019043.jpg

2019037.jpg

ウォーターフォード・ホワイト細目300gを使ってみました。
見た目の紙目が結構はっきりしているので、今まで候補にしてこなかったけど、深さはそれほどでもないのか、実際描き込んでみるとなかなか緻密な絵肌になります。
ということは、他にももう一回ちゃんと試さなきゃいけない銘柄が・・・。
ヴィフアールの描き心地に不満は無いけど、やっぱり白い紙が好きなので、少し暇が出来たらまた紙探しの旅に出ようと思います^^;
Posted by NAGAURA at 11:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 絵画制作
この記事へのコメント
小杉カルチャーセンター 新井です。

私も、こんな風景画や静物画を描いてみたいと思います。
人物画よりも、このような絵を描く事が好きです。(犬の絵も上達を目指します(^-^))
硝子を上手く描きたいと思います。

早いもので、先生の講座にお世話になりはじめてから1年が経ちました。
通うのが楽しくて楽しくて、本当にいつも楽しみにしています。
来年度も宜しくお願い致します。
良いお年をお迎えください。
Posted by 新井 美紀 at 2019年12月27日 22:46
新井さん、コメントありがとうございます。

紅葉の作品を描き上げれば、木や葉の描き方は少し見えてくるものがあると思うので、風景画には取り組みやすくなると思います。

自分の手で絵にすると、そのシーンが「自分の物になった」と感じられて、僕はその感覚が好きだったりします。

来年も、ご自分に合ったペースで絵を楽しんでください^^
良いお年を。
Posted by NAGAURA at 2019年12月28日 06:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186964206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック