2018年01月23日

マットは手切り

デッサン額には欠かせないマット。
輸入購入したマットカッターがあるので、いつも自分で窓抜きしているのですが、全判のマットが世界堂で定価購入出来なくなってしまいました。
とりあえずネット通販で一件見つけたのと、神田のミューズ直営店なら、さすがに買えるだろうけど、4/6判を電車で1時間かけて持ってくるのはちょっと抵抗が。
宅急便も折れたりしないか不安だし、これからは余裕を持って早めに手配しないと。

今月31日からの色えんぴつ5人展、
31日(水)・3日(土)・4日(日)・6日(火)の13時〜17時くらいは会場にいるようにするつもりです。
お時間有りましたら、ぜひお越しください。

20180123_001.jpg
posted by NAGAURA at 18:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月01日

あけましておめでとうございます

20180101_001.jpg

今年もより一層画業に励んでいきたいと思っています
皆様実りある一年となりますように


IMG_20180101_002.jpg

IMG_20180101_003.jpg

「色えんぴつ5人展」
ギャラリーダダ(横浜そごう9F)
 1/31〜2/6 10:00〜20:00 ※最終日16:00まで
 在廊日:未定

初回から参加させていただいている色鉛筆画展も3年目となりました。
今回も4、5点の出展になると思います。
日が迫ってきたら、改めて告知いたしますが、ひとまず。

今年もよろしくお願いします。
posted by NAGAURA at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年12月24日

色鉛筆画 作例

2017037.jpg

2017038.jpg

風景画を描くなら、とにかく木!
木が描けないことにははじまらない!!
・・・これで描けたことにしていいのか、不本意な点は多々あるけど、ある程度時間かけたらもう「定着吹いて、スキャンして、アップして、おしまいっ」にしないと、キリがないので。
まだまだ、書きながら考えて試して「あーー、こうすればいいのか」と気づくことがあるのは、うれしい半面、それだけ身についてないことがあるということでもあり、複雑な心境です。

横図の洋館は、地元横浜の山手にある観光スポットのひとつ、外交官の家。
きっちり描くなら、写真からトレースすべきところだけど、あえてフリーハンドで。
・・・どちらかというと、あまり書きたくないモチーフです。


今年ももう残りわずかですね。
年賀状、例年は既存の作品からピックアップして作ってましたが、ここしばらく動物の絵を描いていたこともあって、今回は新たにちゃんと戌年っぽい(?)絵を描いてます。
早く仕上げて、大掃除したい・・・。
posted by NAGAURA at 14:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年10月25日

色鉛筆画 作例

2017032.jpg
フンボルトペンギン

2017033.jpg
アミメキリン

2017036.jpg
コツメカワウソ

動物画家を目指すわけではないのですが、多少なりとも「描ける」手応えが得られるまでは、定期的に描いていこうかと。

フンボルトペンギンとアミメキリンは、地元の野毛山動物園で撮ってきた写真からおこしています。
今、フンボルトペンギンというと、東武動物公園のあのお方に結ぶ付くのは必然なのだけど、この絵を描き始めたのは、訃報の前日だったのです。さすがに、そのタイミングでアップするのは気が引けたので、少し寝かしておきました。ペンギンが個体で認識されるなんて、改めてすごい影響力ですね。こんなことになるなら、早く見に行けばよかったなと、ちょっと後悔。

コツメカワウソは、前回消化不良だったので、リベンジ。
こちらは、海外のサイトで購入した見本写真をベースにしています。便利なサイトがあるものですね。

そろそろ久しぶりに、オリジナル作品のほうも手がけたいところではあるのだけど、たぶんまだしばらく作例作りが続くと思います。
今のうちに、少しでも引き出しを増やしておきたいので。
posted by NAGAURA at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画制作

2017年09月04日

色鉛筆画 作例

2017028.jpg
サーバルキャット
Reference Photo:Becker1999(CC BY)

2017029.jpg
コツメカワウソ

2017030.jpg
アルパカ
Reference Photo:foilman(CC BY)

今回はクリエイティブ・コモンズで著作権の取り扱いが明確になっている参考写真を使いましたが、「表示(Attribution, BY 著作権者の表示を要求する)」になっているものは、作者名を載せておけばいいのかな。

この前、弁護士の先生による「アーティストのための著作権講座」という公開講座を受けてきましたが、一応の判断基準はあるものの、実際はグレーな部分で問題になることがほとんどで個別に判断するしかない。ヤバいかなと思ったらやめておくのが安全。ただ、自分なりに基準を持っていて、100%白とまでは言い切れなくとも、一応は論理的に合法の範囲に収まることを説明できるのであれば、リスクとリターンその他もろもろをトータルで判断して決めることも時には大切。そのためにも、何が黒で何が白なのか最低限の知識は持っていないといけない、とのことでした(そう理解しました)。
自分で取材にいけるものだけで作品を作れば、少なくとも問題の一つはクリアできますが、逆に、自分で取材に行けるもの「だけ」を元にした作品しか作れないわけで、これだけ手軽に膨大な量の写真・画像・イメージにアクセスできる現代に、そんな前近代的な縛りを課すことがはたして最良の方法といえるのか。

と、小難しいことを考えてはいますが、諸先輩方と真面目に議論するほどの知見も勇気も無いので、聞き流してください^^;


さて、いまいちマイナーな動物3種の共通項は・・・わかる人にはわかりますね。
ここでぶちまけあうのが恥ずかしい人は、こっそり直メッセージでもくれると、大いに喜びます^^

※先日終了したGALLERY ART POINTでのグループ展「Life2017」。不本意な出来の出品作だったためまったく告知していませんでしたが、ご高覧いただいた皆様ありがとうございました。…精進します。
posted by NAGAURA at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵画制作