マットカッター

輸入購入したマットカッター、ようやく使い方がつかめてきました。
matcutter_01.jpg

アメリカで使われているマットは1.5mm厚が主流ですが、日本製は2mmがほとんど。
そのため、3mmまで切れるカッターを合わせて購入し、2mmがほどよく切れるよういろいろ調整しています。
まだ、刃の入りでわずかに曲がるクセがあり、仕上がりの満足度は75点くらいだけど、自分で切って曲がる分には仕方ないと納得もいくので、あとは実際にカットしながら詰めていきます。

寸法は誤差0.5mm以内でほぼジャスト。
オーバーカットも目立たず、許容範囲内です。

まずは原版(100cm×80cm)からなるべく無駄のでないようマット外寸をストレートカットします。
matcutter_02.jpg

で、窓抜き。
matcutter_03.jpg

45度できれいに切れました。
matcutter_04.jpg

ダブルマット(2枚重ね)にして額装、完成。
matcutter_05.jpg

材料費は店でカットしてもらう場合の1/3で済みますが、当然手間賃が関わってくる上、機械切りのようにパーフェクトに仕上げるには、細かな微調整などそれなりにコツがいるので、誰にでもおすすめできるものではありませんが、DIY好きなら一度挑戦してみるのもおもしろいと思います。

購入品:
・Logan Compact Elite Mat Cutter 350-1
・Logan 8-PLY Mat Cutter Model 5000
・Logan Blade 271
・ルフラン油絵の具2本(ついで)