画材一覧

色鉛筆のブランド移行

画材屋で売っている色鉛筆は、一つのブランドでだいたい100色前後がラインナップされていますが、張り切って全色揃えても、長く絵を描いていると、よく使う色はだいたい決まってきます。
そして、繰り返し使っている色は、手に取る前から塗ったときの色を正確にイメージ出来るようになり、混色・重色も狙い通りにいくようになります。
私はこれらの色を「基準色」と呼んでいます。
自分の中に基準色を確立するのはとても大事なことですが、「ちょっと違うメーカーの画材も使ってみようかな」という時、同じ色名でも結構色味が違っていたり、そもそも色鉛筆はセットで買うことが多いので、「今まで使ってた〇〇色が入ってない」となると、重ね塗りしてもなかなか思い通りに色を作れないなんてことも出てきます(今持ってない新しい色が欲しくて買うのなら全く問題ありません)。

そこで、色辞典・ポリクロモス・パブロのなるべく近い色を探してみました。

※空欄の色は該当色なし。それぞれ現行の全120色を対象にテスト。

色辞典が基準なのは、カルチャー講座で初心者向けのおすすめ品にしているため使っている人が多いからで、色辞典に足りない「濃い色の塗り込みやすさ」と「耐光性」を求めた時、個人的にはファーバーカステル(ドイツ)のポリクロモスとカランダッシュ(スイス)のパブロがスムーズに移行できる候補かなと思っています。
別々のメーカーのものを混ぜて使っても全く問題ないので、少しずつ買い足しながら自分にとっての基準色をアップデートしていくのもいいでしょう。

※ポリクロモス、パブロもまったく色褪せないわけではありません。主にピンク~紫系の一部の色は、程度の差こそあれ、厳しい条件下では、やはり目視で確認できるくらい退色が起こります。


ダックス インクボトルシャープナーの替刃

おしゃれな外観と、替刃購入が可能というメンテンナンス性の良さで、鉛筆削りのおすすめを聞かれたら必ずこれと答えていた「DUX インクボトルシャープナー」ですが、世界堂では替刃の購入できなくなっていました。
なんでも代理店が取り扱いをやめたとかで、昨今の値上げラッシュよりも遥かに衝撃が大きいです。
一応、ネット通販で購入できるところが何店かあったので、送料負担を考えて、とりあえず12セット仕入れておきました。
もううちの在庫が1セットを切っていたので、まずは一安心。
カルチャー受講生で、本体は買ったが替刃が手に入らなかった(使い切った)という方は、私のストックからお分けすることも出来ますので、お気軽に連絡ください。


普通は目にしないパッケージ

色辞典のEX-6(アネモネ)とEX-8(小豆色)。
カルチャー講座の初回教材セットに組み入れているので、まとめ買いしに行ったらどちらも品切れ中。
取り寄せお願いしたら6本単位だということで、通常在庫品だから端数でもよさそうなものだけど、まあ多めに買っておいても困るものじゃないからいいやとお願いして届いたのがこれ。
色辞典の単色の出荷パッケージ初めてみたけど、真ん中の文字が妙にかわいい^^
なんてフォントだろう?
デザインも30色セットの箱と共通してて、不思議と惹かれてしまった一品。
なんか捨てるのが惜しい。