絵画制作一覧

鉛筆画・作例

鉛筆(ステッドラー HB 2H 4H / Hi-uni 2B)
ヴィフアール細目
189mm×209mm

生徒さんに何人か鉛筆画をやってもらっておきながら、自分ではまともに書いたのが10年以上前だったので、どんな感じだったか思い出すために。
本気でやってる方々は9H~9Bまで使い分けて描くみたいですが、とりあえずHB周辺の家にあったものから描き始めて、4H~2Bで「こんなもんかな」というところまではいけたので今回はよしとします。
ステッドラーとHi-uniがミックスなのもたまたまで、他意はありません。

鉛筆画に関しては、ヴィフアールのクリーム色がすごく合う。
家にある白黒写真集の何冊かがちょうどこんな感じの黄みがかった紙色をベースにしていて、温かみのあるノスタルジックな感じがとても気に入っていたので、同じ雰囲気が出て満足です。
いつもは「この紙がもっと白ければ」と文句ばかり言っていますが、鉛筆画ではいい仕事してくれました。

根気よく書き込んで、ある一線を越えた瞬間に突然、黒色が立体の影そのものに見えてきた時って、ちょっと感動しますよね。
鉛筆なら本当に微妙なトーンもコントロールしやすいので、写実の醍醐味を味わいたい方には合ってるのかもしれません。


猫の日!?

昨日は、なんだか猫の投稿が多いような気がしていたら、猫の日(2月22日)だったんですね。
せっかくなので、何か猫の絵で未公開のものなかったかなあと探してみたら、昨年カルチャーセンターの体験会で使った小さな絵がありました。
2時間で仕上がるように、軽めのタッチで描きました。

130mm×130mm
色辞典/ヴィフアール細目


お宝、再び

世界堂横浜店で発見、幻の廃盤ポリクロモス 147 ライトブルー!
なぜ今頃出てきた!?
当然のように保護。

使うことは・・・ないだろう。
139 ライトバイオレットと一緒に大事に保管しておきます。