絵画制作一覧

芸術の秋

知り合いの個展やグループ展にお邪魔する度に、ちょっとした焦りを感じる最近。
今年はカルチャー講座の開設に注力すると決めていたので、自分なりにやるべきことはやってるつもりですが、そうは言ってもねー。
直近の展覧会は来年1月下旬なので、少し近作を公開。
やっぱり自分の描きたい絵を描きたいように描くのは楽しいです。

2018029.jpg

2018030.jpg


DIY

経費削減とオーダーの手間を考えて、もう何年も前からマットは自分でカットしています。
ただ全判で買ってくるため、絵に合わせたカラーマットまではさすがに用意出来ないなあと思っていたのですが、
「考えてみれば、自分で塗ればいいんじゃない」
ってわけで、ちょうどいつもの白ダブルでは、どうにも格好の付かない絵を描いてしまったので、Let’s DIY!

20180428_001.jpg

20180427_002.jpg

端材が大量に余ってるのをいいことに、欲張りなトリプルマット。
厚くなりすぎて付属の裏板(パネル)が入らず、ちょっと焦ったけど、これもMDFの端材を代用してクリア。
ちなみに、こちらはカルチャー小杉店に募集の間飾ってもらう予定です。


色鉛筆画・作例

2017037.jpg

2017038.jpg

風景画を描くなら、とにかく木!
木が描けないことにははじまらない!!
・・・これで描けたことにしていいのか、不本意な点は多々あるけど、ある程度時間かけたらもう「定着吹いて、スキャンして、アップして、おしまいっ」にしないと、キリがないので。
まだまだ、書きながら考えて試して「あーー、こうすればいいのか」と気づくことがあるのは、うれしい半面、それだけ身についてないことがあるということでもあり、複雑な心境です。

横図の洋館は、地元横浜の山手にある観光スポットのひとつ、外交官の家。
きっちり描くなら、写真からトレースすべきところだけど、あえてフリーハンドで。
・・・どちらかというと、あまり書きたくないモチーフです。

今年ももう残りわずかですね。
年賀状、例年は既存の作品からピックアップして作ってましたが、ここしばらく動物の絵を描いていたこともあって、今回は新たにちゃんと戌年っぽい(?)絵を描いてます。
早く仕上げて、大掃除したい・・・。