絵画制作一覧

安物買いの・・・

「ナイロン筆なんて、どうせすぐ広がっちゃうんだから、安けりゃ安いほどいいだろ」
と、世界堂で一番安いトールペイント用ってのを買って来たら、使う前から毛先がボソボソってどうよ><

動物毛(コリンスキー)→毛先はそろうが、擦り減る。激高
ナイロン→擦り減ることはないが、毛先が広がる。安い

毛をブレンドした筆もあるけど、「ナイロンにはない絵の具の含みの良さ」を売りにしてるので、やっぱり使ってると広がるんだろうなーと思い、手が伸びません。ちょっと高いし^^;

上記のトールペイント用は論外としても、ちゃんとしたナイロン筆のおろしたてが、個人的には最高の使い心地。
本当は、いいものを長く使うスタイルの方が、性に合ってるのですが、筆に関してはそうもいかないようです。


色鉛筆画・作例(写真模写)

20160405_001.jpg

20160405_002.jpg

ナタリー・ポートマン
上:マルチナ(レオン)
下:パドメ・アミダラ(スターウォーズ EP1~3)

概ね、描こうと思ったとおりに描けてるとは思うけど、模写なのに「考えながら描いてる」ようでは、まだまだです。もっと目と手が直結するようにならないといけないですね。
それにしても、銃器なんて初めて描いたかも。
オリジナルでは絶対描かないであろうモチーフなんで、こういう機会にしっかりコツ掴んでおかなきゃ。

次は、風景かダンディーなおじさまの予定。
5月の頭に、高校OBの展覧会に参加することになったので、その作品も一点進行中。
もう少し日が迫ってきたら告知します。


至高の鉛筆削り

20160326.jpg
このかわいいインクボトルのようなのが、今使ってる鉛筆削り。
800円くらいだったかな。替え刃を売ってるので、何度も取り替えて使ってます。

色鉛筆を削るのに、カッターを使えば好きな角度で目一杯シャープに削ることはできますが、
・完璧な円錐にはならない
・手間がかかる
私の場合、下地の影響で減りが普通の2倍も3倍も速いので、いちいちカッターで削っていては、作業が止まってばかりでダメなのです。
本当は電動削り機を使いたいのですが、角度が鋭角すぎるのと、そのくせとがり具合がいまいちで、なにより折れたときの分解が厄介すぎるので断念。

で、ずっと前からふと思い出しては気になっているのがこちら。

71cljNpczkL._SL1200_.jpg
「カランダッシュ メタルシャープナー ¥17,828(amazon)」

レビューによると削り角度は日本の同型のものよりも鈍角で、角度調整も可。カランダッシュ製色鉛筆しか使ってない自分にとっては、同メーカー品ってことも気持ち的に◎
総金属製で圧倒的にかっこいい。
たぶん一生使える。

試してみて(銀座の直営店ならあるはず)満足行く削り具合になるなら、思い切って買っちゃうのもありだとは思うのですが・・・・・・それにしても高い、高すぎるよ。

画材には割と投資を惜しまないほうなんですが、これは、なんというか、金額以上に「覚悟」のいる品物です。