マットカッター その後

model5000でミューズの806(黒芯2mmマット)を切ろうとして、まさかの2枚連続ミス。
同じ厚みの805(白2mmマット)は切れるのに、黒芯マットはなぜか同じように切っても刃が通らない。おまけに刃が折れる。
刃の入りでカットラインがわずかに曲がるのも相変わらずで、原因の見当はつくものの、構造上どうしてもいい対処法が浮かばない。

以前、805でなぜか切り口がガタガタになって1枚ゴミにして以来、350-1に付属のカッターは使っていなかったのだけど、4~5回繰り返して少しずつ切れば、刃の入りと抜き共に完璧に仕上がるので、もう一度これを試してみることに。

試し切りでは、とりあえず刃の通りも問題なく、きれいに切れました。

前に失敗した時は、単に刃の切れ味が悪かっただけなのか…。
替え刃も350-1付属カッター用の270は国内でも買えるので、こっちが使えればその方がいいんだけど、うーん、どうしたものか。

とりあえず今は油彩画の方に注力しているので、いったんお預け中ですが、あれこれ試しながら少しずつ完成度を上げていくのも、DIYの醍醐味ってことで、まあ焦らず気長にいきます。


プリントの販売

@CREATORZというサイトにクリエーター登録し、ポストカードとA4プリントを購入いただけるようにしました。

ホームページに直接販売の案内も載せていますが、全てメールでのやりとりになるので、やはりショッピングカートが使えるほうが便利ですね。
登録に関して手数料等は一切かかっていないので、販売金額も直販と同じ設定にしました。

もちろん、ある程度閲覧者の多いところに出品したほうが、新たな広がりも生まれるかなという淡い期待もあるわけで、ぜひ一度ご覧ください。


夏のハードディスク

今年の正月に初めて内蔵HDDを増設したところ、HDDの温度がかなり高め(45℃くらい)だったので、ケースファンをつけて40℃前後に保っていたのが、最近また45~6℃まで上がるようになってきました。

「夏だからねぇ」
といっても、まだ室温は30℃以下なので、このままで本当に真夏を乗り切れるのか…。

で、気になったついでに吸気口にたまったほこりをとって、まわりに少しスペースを確保してみたら、とりあえず42℃程度で落ち着くようになりました。
この温度がキープできればいいんだけど、ダメならあとはファンを高速回転のものに換えるか、もしくはHDDケースを買ってきて外付けにするか。
知人でデータ損失にあった話を二件聞いて以来、一応バックアップは頻繁にとっているけど、データ量が増えてくると、管理にも気をつかいます。